So-net無料ブログ作成
いつも『トレンドステーション』をご愛読頂きまして誠にありがとうございます。

新環境技術 第一報 水素社会到来!トヨタがついに燃料電池車を発売 [新環境技術]

◆ 燃料電池車

トヨタ自動車が究極のエコカーと言われた「燃料電池車」を今年度内に発売する。
http://www.toyota.co.jp/jpn/tech/environment/fcv/

価格は700万円程度。

燃料電池車は、車に充填する水素と空気中の酸素を反応させて発生した電力で走る車。

走行中は水しか排出しない。

究極のエコカーと言われる所以だ。

トヨタが6月25日に発表した燃料電池車は、セダンタイプ。

水素を1回充填すると、約700キロの距離を走行できる

◆ 電気自動車(EV)との比較

電気自動車(EV)は急速充電器でも20−30分はかかるのに比べて、

水素充填時間は約3分とガソリン車とほぼ同程度の時間だ。

水素充填の価格はどうなのか。ガソリン高騰の救世主になるか。

◆ 発売時期と他社の動向

国内での発売は今年度内。(年内発売も検討)

アメリカとヨーロッパの発売は来年の夏ごろの計画。

他社の動向は、ホンダが来年、日産自動車が3年後だ。

◆水素社会の到来とエコ社会の実現
トヨタの加藤光久副社長は

「燃料電池車の一般向けの販売は、広く普及させる長いチャレンジの始まりだ。

この車で、有力なエネルギーである水素を活用する社会の一翼を担っていきたい。」と明言。

いよいよ水素社会の到来だ!

今後の課題としては、価格の引き下げと共に、水素を充填する施設の数をどこまで増やせるか。

しかし、トヨタは必ずやってくれると信じている。

ハイブリット車の成功に続き、燃料電池車においても必ず市場を大きく開き、

人類のエコ社会を実現することを。



スポンサーリンク






タグ:新技術
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
『トレンドステーション』をお読み頂きまして誠にありがとうございます。これからも更に読みやすく推敲を重ねて参ります。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。